子供さんへのイライラが
EFTタッピングで消え、

優しく見守れるようになった
お母さんのお話です。

 

元々、エステのお客様だったS様は、
数年前からお子さんの教育に悩んで
みえました。

いらっしゃる度に、思い通りにならない
お子さんへのイライラや不満をこぼされます。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2012-06-N612_ekinoho-muwoarukuoyako500-thumb-autox1000-1665

 

「もう、全然言う事聞かないのよ!」
「本当に鈍くて!黙っていられないの!」
「ついカッとなって手をあげてしまって・・・」

 

スクールカウンセラーにも相談しているよう
でしたが、解決には至らず

ストレスによって、肩や背中も
強張っていました。
エステをしながら
お話を聴かせてもらってはいましたが、

一向にそのイライラは収まる気配はなく
お子さんへの精神的な攻撃は、
止みそうにありませんでした。

 

「イライラを発散できたら楽でしょう?」

と、タッピングセッションをお勧めしました。

 

セッションでは、ツボのタッピング
しながら、今抱えている問題に対する
ネガティブ感情を言葉で出せるよう
質問しながら、誘導していきます。

 

この方の心は、被害者意識と
罪悪感でいっぱいになっていました。

 

「子供がもっと成績さえ良ければ」
「この子のせいで私は幸せにはなれない。」
「夫や義母の協力が足りないから・・・」

 

セッションでは、お一人おひとりの
考え方を否定したり判断することは
ありません。

 

本音を出していただくことで、心の葛藤は消え、
冷静に「今の自分」に意識が向け
られるようになっていきます。

 

そして、

子どもを思い通りにする事で、
満たしたかったある想いが
見えてきました。

 

この方の場合は、厳しかった自分の母親に対し、
「もっと認めて欲しかった」
という気持ちが、満たされない
ままとなっていました。

 

育った環境下での言葉の洗脳や
自分の思い込みや勘違いからくる
「自己イメージ」の低さが

 

本来は必要の無い不安や恐れ、
世間の評価、お姑さんへの対抗意識を
生み出し、ストレスに苦しむ状況をつくり出していました。

 

それらを認め、もう必要のないもの
として手放せるよう誘導していきます。

 

思い込みや子供へ対する怒り感情が
消えて気持ちが落ち着くと、

それら思いの根底にある、優しい気持ち
に気付けます。。

 

「勉強はあまりできないけど、友達
にも弟にも、すごく優しい子なんです。
穏やかで皆に好かれていて・・・」「いい子だと思う。あの子、良く頑張ってる。」

母と子供の悩みに

 

 

価値の無い物に執着し、囚われ、
見失っていた大切なものを感じる心を
思い出せたようです。

 

お客様は、自分が母親としての愛情
をしっかり持っていたことを自覚し、
安心し、涙されていました。

 

その後は徐々に、子どもを認められる
心の余裕ができ、表情は優しくなり、背中の強張りも徐々に気にならなくなっていきました。

 

怒りの下には「本当はもっとこうしたい。」と言う純粋な気持ちが必ずあります。

 

素直な気持ちに気付けて本当によかったです。